大阪空港(伊丹空港)の歴史

大阪空港(伊丹空港)の歴史に関するページです。

 大阪空港(伊丹空港)が、1939年に伊丹飛行場として開場してから、現在に至るまでの歴史をまとめています。

1939年1月17日 伊丹飛行場開場(滑走路680m・830m)
1951年10月25日 日本航空により民間定期路線開設
1952年9月20日 DC-4就航(日本航空)
1954年4月27日 日本ヘリコプターと極東航空により夜間運航開始
1955年11月15日 DC-3就航(日ペリ航空)
1957年9月30日 日本航空DC-4「雲仙号」が離陸直後にエンジントラブルにより不時着
1958年3月15日 大阪空港に改称され、米軍から返還
1959年7月3日 大阪国際空港に改称され、第1種空港に指定
1959年7月14日 全日空DC-3滑走路オーバーラン
1960年4月1日 国際線運航開始(キャセイパシフィック)
1961年7月10日 F-27フレンドシップ就航(全日空)
1963年6月5日 全日空DC-3(貨物機)離陸滑走中に滑走路逸脱し、駐機場にいた同社のDC-3と衝突
1964年2月18日 日東航空グラマンマラード離陸直後に不時着
1964年6月1日 ジェット機就航(タイ国際航空)
1964年8月6日 CV880就航(日本航空)
1965年4月10日 B727就航(全日空)
1965年9月20日 YS-11就航(全日空)
1965年11月24日 深夜早朝のジェット機発着禁止
1968年6月3日 DC-8F就航(日本航空)
1969年1月29日 新ターミナル完成
1969年4月21日 新管制塔運用開始
1969年6月20日 B737就航(全日空)
1969年10月1日 B727-200就航(全日空)
1970年2月5日 B滑走路(3000m)共用開始
1970年4月1日 DC-8-61就航(日本航空)
1972年4月27日 22時~翌朝7時迄の夜間規制実施(郵便機を除く)
1974年5月1日 1日の発着回数450→410とし、うちジェット枠を240回に制限
1974年5月28日 全日空YS-11が胴体着陸
1975年12月12日 国内線21時以降の運航停止
1977年5月19日 B747就航(日本航空)、L-1011就航(全日空)
1977年10月1日 1日の発着回数410→370回とし、うちジェット枠を200回に制限
1978年4月1日 B747国際線就航(日本航空)
1978年6月2日 日本航空B747SR(JA8119)着陸時に「しりもち事故」
1979年9月1日 B747SR就航(全日空)
1980年1月1日 DC-10就航(日本航空)
1980年12月10日 国内線到着ビル共用開始
1982年1月1日 DC-9-81就航(東亜国内航空)
1983年6月21日 B767-200就航(全日空)
1985年8月3日 A310就航(中国民航)
1987年7月10日 B767-300就航(全日空)
1988年10月29日 1日の代替ジェット枠を50便に設定(機材はB767・MD-81・MD-87・A320に限定)
1988年12月1日 MD-87就航(日本エアシステム)
1989年10月6日 B747-400就航(ルフトハンザ・ドイツ航空)
1991年3月22日 A320就航(全日空)
1992年5月18日 1日のジェット枠50便追加(代替機A300-600R追加)
1992年7月18日 A300-600R就航(日本エアシステム)
1994年4月1日 SAAB340B就航(日本エアコミューター)
1994年6月1日 IATAコード OSA→ITMに変更
1994年9月4日 国際線を関西国際航空に移管
1995年4月1日 旧騒音基準適合機の就航禁止
1995年10月1日 B737-400就航(日本航空)
1995年12月23日 B777-200就航(全日空)
1996年4月1日 B737-500就航(エアーニッポン)
1996年6月1日 MD-90就航(日本エアシステム)
1997年4月1日 モノレール乗り入れ
1998年9月1日 B777-300就航(日本航空)
1999年4月12日 A321就航(エアーニッポン)
1999年7月8日 南ターミナルビル リニューアルオープン
2001年3月1日 新管制塔運用開始
2001年3月20日 北ターミナルビル リニューアルオープン
2003年2月1日 DHC8-Q400就航
2005年3月31日 在来型B747就航禁止
2005年11月15日 ブッシュ大統領を乗せたVC-25(エアーフォースワン)と同型の予備機飛来
2006年3月31日 B747就航禁止
2006年5月5日 全日空B747-400(JA8962)飛来
2006年7月9日 伊丹スカイパーク一部開業
2006年9月3日 大阪エアポートホテル閉鎖
2007年4月13日 温家宝首相を乗せた中国国際航空のB747-400(B-2447)飛来
2007年11月1日 B737-700就航(全日空)
2008年1月19日 全日空B747-400(JA8958)飛来
2008年1月21日 大型ヘリコプターを積んだ空輸機アントノフ22A飛来
2008年5月9日 胡錦濤国家主席を乗せた中国国際航空B747-400(B-2472)飛来
2008年6月26日 ライス国務長官を乗せたVC-32A(90004)飛来
2008年7月1日 B737-800就航(日本航空・JALエクスプレス)
2008年7月12日 伊丹スカイパーク全面開業
2008年10月1日 B737-800就航(全日空)
2008年10月29日 英チャールズ皇太子夫妻を乗せたツインジェット社のA319-115X(CJ)飛来
2009年3月20日 ANA18便が便名を聞き間違え滑走路に進入したため、JEX2200便が着陸断念
2009年3月20日 管制官が滑走路に車両が停まって点検を行っていたのに気付かず離陸許可を出す
2009年4月3日 李長春常務委員を乗せた中国国際航空B767-300ER(B-2496)飛来
2009年4月22日 JAL2242便(MD81 JA8260)着陸時に機体が傾斜し、左主翼滑走路に接触
2010年4月1日 ATIS合成音声が男性に変更、大阪空港ホテルオープン
2010年7月1日 DHC8-Q300就航(全日空)
2010年7月9・12日 16年ぶりの国際便(伊丹⇔上海)
中国東方航空A320-200(B-6671・B-6639 上海万博塗装)
2010年10月1日 E170就航(日本航空)
2010年12月15日 天草エアライン就航(DHC8-Q100)
2011年1月5日 CRJ700就航(IBEXエアラインズ)
2011年7月5日 B787EX(ZA002)テストフライトで飛来(全日空)
2011年11月4・7日 国際チャーター便(伊丹⇔広東白雲)
中国国際航空B737-800(B-5485・B-5585)
2012年1月23日 B787-8就航(全日空)
2012年9月30日 DHC8-Q300運航終了(全日空)
2012年12月17日 李明博大統領を乗せた大韓民国空軍B747-400(HL7465)飛来
2014年1月12日 747伊丹フライト」のため、B747-400D(JA8961)飛来(全日空)
2014年3月29日 B777-300ER運航終了(全日空)
2014年4月 展望デッキにワイヤー設置
2014年5月24日 マスコットキャラクターの名前が「そらやん」に決定
2014年8月7日 B787-9就航(全日空)
2015年3月20日 ミシェル夫人を乗せたVC-32A(80001)飛来
2015年9月20・22日 国際チャーター便(伊丹⇔大邱)
アシアナ航空A321-200(HL7763・HL7729)



戻る   ページの先頭へ   次へ