航空無線(エアバンド)

航空無線(エアバンド)交信内容についての解説ページです。

 航空管制官は、プッシュバックの許可、滑走路やスポットまでの誘導路の指示、離陸や着陸の許可等すべて航空無線(エアバンド)を使用しています。逆に言えば、飛行機の動きを知るには、航空無線 (エアバンド)を聴けば良いと言う事です。これは、飛行機写真を撮影する側にとっては、航空無線(エアバンド)の交信内容は、とてもありがたい情報です。
 このページでは、航空無線(エアバンド)の基礎知識から交信内容・飛行機写真を撮影するための航空無線(エアバンド)活用法について解説しています。
 また、航空無線(エアバンド)の交信内容については、大阪空港(伊丹空港)を例に「大阪ATIS」「大阪デリバリー」、「大阪グランド」、「大阪タワー」、「関西ディパーチャー」を仮想航空会社ダッシュエアーで シミュレーションしています。
 飛行機写真を撮影する時には、航空無線(エアバンド)が大変役立ちますので、ぜひマスターして下さい。
 航空無線(エアバンド)が受信出来ない方は、「ぼくは航空管制官」で、臨場感を味わって下さい。


航空無線(エアバンド)
航空無線(エアバンド)の基礎知識
大阪ATIS
大阪デリバリー(CLR)
大阪グランド(GND)
大阪タワー(TWR)
関西ディパーチャー(DEP)
ファイナルアプローチ(GCA)
航空無線(エアバンド)活用法



ヒコーキ写真の撮り方 航空無線ハンドブック 航空無線のすべて 人気のモデルプレーンからしろたんグッズまで♪-JALショッピング ANAショッピング ANAのマイルがたまる A-style

 あなたは カウンター 番目の訪問者です。



HOME   Mail   ツイートする